*

コットでインナーテントから開放されたという話

      2014/05/21

IMG_4101

2013年・年末に購入したコット。この際、とことんミニマムにしてやろうと思って、インナーテント省いてみたの巻。

2014年GWキャンプ
とことん荷物を減らしてやる

今年のGWは、奥飛騨・平湯キャンプ場に決定。

ちょっと寒いかな?と思ったけど、寝袋は真冬用だし、きっと大丈夫。最悪犬達と寝たらよし。ということで、ランドステーションにお座敷スタイル用のグランドシートを敷いて、そこにコットを並べちゃうことにした。

インナーテントが無いから開放的
子どもたちも手伝ってくれる

IMG_4095

これまでのキャンプといえば、インナーテントの中で、ひとり黙々とエアマットの空気入れをしてたような感じ。暑いわ、狭いからマットの取り回しに難儀して軽くイライラするわで、正直いうと設営で一番うっとおしい作業だった。

ところが今回は、インナーテントを省いたおかげでベッドメイキング作業も丸見え。コットの組み立てもヨメはじめ、子どもたちも楽しそうに手伝ってくれた。

おかげで割りと煩わしく時間がかかるかな、と思っていた組み立ても、あっという間に終わった。
荷物が減っただけじゃなくて、サイト内が開放的になったおかげのナイスな効果。

IMG_4100

今回のセッティング、コットだけだと背中が冷えるかな?と思って、更にひと工夫。
俺は山行用のZ-Lite、他の皆は銀マットをコットの上に敷いて、寝袋をセットしてみた。

かなりいい感じで、近所にテントを張っていたグループの方が覗きにきたくらいナイスな出来。
これから虫が出てくる季節になると、蚊帳としてのインナーはやっぱり必要かな?とちょっと哀しいけど、また秋口はこのスタイルで行けそう。

都合2泊して、途中雨(雪混じり)も降ったけど全く問題なし。
ただちょっと銀マットは結露があった。でも、朝を迎えて軽く干せばすぐ乾くし気にするまでもないかな。

いつもは寝不足気味のヨメもぐっすり寝れたとのことで、コットだけじゃない精神的な寝心地の良さをもたらした模様。
やっぱり、キャンプはこんな感じが理想よね。と、だんだんモノも減ってきて、記事にするネタがなくなっちゃいそうな気がしてきましたよっと。

 -キャンプ, フィールドギア, , ,

gogole_ad

  関連記事

no image

キャンプ道具考察(バーナー)

今年の夏からはまりだしたオートキャンプ。 独身時代に買い集めたソロキャンプ用の道具に、色々買い足して

冬のセッティング

クリスマスキャンプでデビューした武井くん。 Coleman スリムヨツオリBBQテーブルにセッティン

明日は出発なのにまだ装備が決まらない。2年越しのOMM JAPAN

2年越し。長かった。やっと行けるぜ、OMM JAPAN。 OMMのザックを買ったのが運のツキ ULが

オーキャン宝島

10月9〜11日の連休を利用して、我が家をオートキャンプに洗脳したF氏ファミリーと合同キャンプに行っ

森のまきばオートキャンプ場

11月20日〜21日で、千葉の森のまきばオートキャンプ場へ。 実は、当日まで行くかどうか迷ってた。

gogole_ad

コメントを残す