*

コスパ最高。手入れもしやすい冬用シュラフ「アリーバ」

      2014/02/04

2151_1

ダウンシュラフが我が家に来るまでメインで活躍していた冬用シュラフ。
これからも子ども用として現役で頑張ってもらいます。

冬キャンプの入門用に最適
丸洗いできていつも清潔

ウインターシーズンもキャンプに行こうという場合、真っ先に検討するものはシュラフだろう。
うちは真夏にキャンプにいくことはほとんどないのだが、一番最初に購入したのは封筒型の安物。冬用となるとやはりマミー型でそれなりの品質がないと風邪をひくでは済まない状況になること請け合い。とはいえ、ダウン製のものとなると2〜3万円くらいするし、それを家族分となるとそれだけでかなりの負担。そう簡単には買えないのである。

そんな時に見つけたのが、日本のコールマン、庶民の味方「LOGOS」の「丸洗いアリーバ −15」。
化繊のシェラフだから嵩張るが、スタッフサックがコンプレッション仕様。力いっぱい圧縮すればそこそこコンパクトになる。オートキャンプならまぁ許せる。背負うことは考えない方がいい。
※現行版はコンプレッションタイプではなく普通のスタッフサックかもしれません。購入時にご確認を。

1509_5

ダウンのようなデリケートな素材ではないので大雑把に使えるし、何より丸洗いできるのがうれしい。さすがに自宅の洗濯機は厳しいが、コインランドリーの大型洗濯機で普通に洗える(乾燥機には入れたことはありません)。
そして、個人的に一番このシュラフの優れている点と思っているのが、その肌触り。いわゆるナイロン的なビニールっぽさがなく、さらっとしたシーツのような肌触りなのである。
このおかげで、真冬のキャンプで寝袋に入った時に感じる冷たさが緩和され、寒さが和らぐ。
寒がりの方は、このシュラフに湯たんぽをビルトインすれば、電源のないサイトでも快適に寝れることを間違いなしである。

丸洗いアリーバ・-15 (抗菌・防臭)

 -フィールドギア, ,

gogole_ad

  関連記事

ひとつで3役「CRAZY CREEK Hex2.0」

以前の記事で「これ買う」って宣言したので有言実行。 チェアとマットの2役+1の3役こなしてくれました

REVOルーム をランステのインナーにする(その2)

REVOルーム、インナーテント化計画その2。お正月のスウィートグラスで再度チャレンジ。 キャンプには

ファスト・パッキング事始め

カタチから入るタチなので、何かを始めようとするときは、あれもこれもと色々手を出す。 結果、モノばかり

冬のセッティング

クリスマスキャンプでデビューした武井くん。 Coleman スリムヨツオリBBQテーブルにセッティン

やっと手に入れた憧れの「ドマドームライト1」

山へ行くことが多くなってきて、日帰りでいける場所が少なくなってきた。 山小屋の費用も結構負担なので、

gogole_ad

コメントを残す