*

定番はやっぱりすごかった「EPIガス REVO-3700」

      2014/01/12

IMG_3638

通年で使えるシングルストーブを新調。
ロングセラーはやっぱり秀逸。

冬山で役に立たなかったCB缶
真冬でもちゃんと使えるストーブを探す

2012年年末の年越しで八ヶ岳に行った際、キャンプでも使っているCB缶のシングルストーブを持っていった。

IMG_1223

普段の山行でもSOTOのレギュレーターストーブをずっと使ってたんだけど、2013年元旦の行者小屋では、いくらたってもぬるま湯にしかならない。
レギュレータ付きで寒さに強いはず、当然ガスはプレミアムガスを使用。標高がさほど高くない麓の山小屋というロケーションなのに残念な感じ。

やっぱり山岳ストーブを用意しないといけなくなり、物色開始。
迷うのはやはり燃料。ホワイトガソリン、アルコール、固形燃料、ガス缶。数あれど、取り回しが楽で小さくて、寒さや風に強くて、火力も強い。そんな都合のいいストーブはないものか。

どんな環境でも安定的に使用できるとなれば、やはり液体ガソリン系のストーブ。
とはいえ、寒くてくたびれてるときにポンピングやプレヒートって、正直だるい。
プレヒートが要らないスグレモノもあるようだけど、液体燃料持ち歩くのも、なんとなく抵抗がある。
アルコールストーブも同様。付けたり消したりが頻繁に、手軽に行えないようなイメージもあり、やはりガス缶に軍配があがる。

コンパクトな癖にすごい火力
火がほしい時にさっと使える

IMG_3639

ガス缶のシングルストーブとなると、そらもう山ほどあって、どれにするかかなり迷う。
結局、鉄板製品「REVO-3700ストーブ」をチョイス。
111gしか無いのに、最高出力の4200kcalのすごいやつ。映画「岳」でも三歩が使ってた。

この大きさだとカップの中に入っちゃうし、その割にゴトクも大きくて使い勝手が本当にいい。
とろ火もいけるし、少々の風なんてもろともしない(熱効率は悪くなるけど)。雪山でも無問題。

IMG_3525

どんどんモノが増えていっているけど、こいつは長く使えそうな予感。
キャンプの時も非常用として持って行って、山行時に余ったガスを消費。コーヒー専用器として活躍中。

EPIガス REVO-3700


一緒に風防も調達。とにかく軽いのが欲しかった。下部にペグ(ピン)がついてて安定感もある

 -フィールドギア,

gogole_ad

  関連記事

冬のセッティング

クリスマスキャンプでデビューした武井くん。 Coleman スリムヨツオリBBQテーブルにセッティン

キャンプを趣味にすると災害時も役立つという話

2014年2月14日から始まった豪雪。 特に山梨エリアは尋常じゃない量の積雪があり、のべ3〜4日間も

キャンプ道具録 3

森のまきばACにてデビューした道具たちのご紹介 Coleman ケロシンランタン#639 白ガスの値

夏のお手軽シェルター「Lunar Soro LE」

ULグッズへの傾倒が著しい昨今。ついに宿まで軽量化してみた。の巻。 山岳テントユーザーでも抵抗感が少

コールマンとは思えないおしゃれなトースター

山行での食事は、どうしてもインスタントなものに偏りがち。 縦走での登山となると、長期にも及ぶし、レー

gogole_ad

コメントを残す