*

ロースタイル・ワーキングテーブル「tent-Mark DESIGNS & 雀家」

      2014/10/16


2013年も終わりに差し掛かって、キャンプリビングまわりをちょっとアップデート。
それもこれも、みんなWILD-1のせいです。

大きいテーブルはズボラになってNG
荷積みも面倒だしいっそシンプルに。

リビングのメインテーブルは、ずっとコールマンのスリム四折BBQテーブルを使ってきたけど、テーブルが大きいせいか、ぽんぽん細かいものをテーブルに乗っけちゃうから、すぐ散らかる。
さらに、折り畳めて文字通りスリムになるものの、天板が大きくかさばる。
大型犬が1匹増えたおかけでトランクルームに積むのもかなり大変になってきた。
というわけで、リビングのメインテーブルは、ユニフレームの焚き火テーブルを1人1台、人数分レイアウトすることにした。

クリスマスキャンプに向けて買い出し
ヨメが一目惚れ

DSC_7333

そんなことを決めて、ふらっとWILD-1に寄ったら、ヨメが目を輝かせて「これほしい」となった逸品。

tent-Mark DESIGNS & 雀家
work-table LOW

アウトドアコーディネーター兼アウトドアの料理番長“小雀陣二”氏のアイデアを形にしたワークテーブル(システム調理台)です。

「小雀陣二」って誰?知らねぇ(汗。
とはいえ、天板ステンレスだし、シンプルでいい感じ。棚板もついてて使い勝手も良さそう。
てなわけで、購入。

焚き火テーブルにピッタリフィット

DSC_7526

購入して早速開梱。
天板全体にブルーのフィルムが貼られていてビビりつつも、長女と一緒に剥がし始める。

DSC_7523

が、これが強靭で中々剥がれない。
しかも、リベット留めされている箇所にも入り込んでいるので、綺麗に取るのがかなり難しい。
あまりにも剥がすのが大変だったので、天板の表面だけ剥がして裏面は剥がすの止めた。

DSC_7505

高さは370mm。
焚き火テーブルにピッタリ。
作りも頑丈だし、ちょっと傷がつくのが気になるけど、むしろそれが味になるかなと都合よくポジティブに考えることにする。

DSC_7530

無事、クリスマスキャンプでデビュー。
冬はストーブを中心において、テーブルで囲むレイアウトに。
うちのリビングはステンレス天板が増えてきて、厨房のようになってきました。

DSC_7446

tent-Mark DESIGNS & 雀家「work-table LOW」

オフィシャル

 -フィールドギア,

gogole_ad

  関連記事

驚愕の価格「WILD-1 キャンパーズベッド」

Image from WILD-1 オンラインストア・印西(残念ながら販売終了になってしまったようで

ひとつで3役「CRAZY CREEK Hex2.0」

以前の記事で「これ買う」って宣言したので有言実行。 チェアとマットの2役+1の3役こなしてくれました

冬の寝袋、棚ぼた比較

2013年年末に、WIDL-1の福引で寝袋ゲット。 図らずもナンガの寝袋が2つとなったので比較してみ

価格、重量ともにバランス良し「Black Diamond Trail Compact」

トレッキングポールを新調の巻。 正月に紛失モノポールでは済まないので購入 トレッキングポールは、ずっ

ULの枠を超えて市民権を得た「Off the Grid 2017」

Off the Grid 多摩川で行われるこのイベント(展示会?)。今年で2年目。 去年に比べて、来

gogole_ad

  Comment

  1. […] さるのこしくだけブログのロースタイル・ワーキングテーブル「tent-Mark DESIGNS & 雀家」って記事です。 […]

コメントを残す